唇の血色が悪い理由や原因って?対策や改善方法も!

   

顔色と唇と

顔色が悪いって言葉があるよね。

顔の色とはいうけど、実際は色というより顔を見た時に受ける印象のことだと思うのね。

 

で、その顔の印象を決めるのに重要と言われているのが唇なんだって。

確かにメイクしている時も、していない時も顔の中で一番目立つ色しているのが唇だもんね。

ピンクの唇だと目を引いてかわいいと思って貰えるし、逆に血色が悪いと「こいつ大丈夫かよ」とか思われるし。

 

今回は、唇の血色が悪くなる原因や理由、その対策を特集するよ。

 

 

その1.冷え性や心肺機能の低下

唇ってね、皮膚が薄いから血の色が透けやすくて赤色になるみたい。

だから、もしその色が変なら血液の循環が滞っている可能性もあるのね。

そんな理由で冷え性の人は唇が紫になりやすいのです。

という事で、冷え性の改善(これも人それぞれ方法は違うけど)で唇の血色が良くなる事があるらしいよ。

 

でも、異常に唇が紫っぽかったり、爪まで青みがかっていたら心肺機能が低下している可能性もあるらしいから病院にいった方が良いかも。

 

 

2.摩擦や色素沈着

唇って案外、雑に扱ってない?

御飯のあとにナプキンでゴシゴシ拭いたり、メイク落としも急いでる時とか力入ったり。

 

でもこれが良くないらしいの。

下着とかもそうだけど、肌って強く擦れるとこって黒ずみやすいよね、これは唇もそうなんだって。

しかも唇って肌よりデリケートだから刺激にも弱くて黒ずみ、色素沈着を起こしやすいってわけ。

 

対策としては唇を拭く時は優しく、特にシートタイプのメイク落としの時とかは要注意だよ。

 

 

3.日焼け

日焼けといえば肌だけど、唇も皮膚だからダメージを受けるのね。

さっきも言ったけど唇は肌よりデリケートだからコンディションも崩しやすいみたい。

 

とは言っても直接日焼け止めを塗るのは難しかったり。

出来るだけ紫外線に強いリップとかを選んだり、紫外線が強い中に長時間いた時はしっかりケアしてあげるのを忘れないでね。

 

 

4.乾燥など日々のダメージ

寒かったり体調が悪かったり、乾燥したりで唇って荒れやすいもので。

当然荒れていると血色も良くないし、男子からの視線も痛かったり。

だからそれだけ毎日のケアが大事なんだよね。

 

市販のナイトパックとかも良いとは思うけど、結構高いし毎日は・・・って感じじゃない?

それで私が重宝しているのがこれ

リップクリーム代わりに塗ったり、寝る前にさっと塗るだけなんだけどかなり調子良いんだよね。

もちろん個人差はあるから合わない人もいるかもだけど、普段使いのグロスとしても男子ウケも良いしコスパ最高だしでかなりオススメなのです。

気になったら是非↑の公式サイトからチェックしてみてね。

 - リップ , , , ,