唇が荒れる危険な原因!?リップクリームの界面活性剤とは

   

中身が大事!

何事も中身が大事だと思うんだよね。

顔とかスタイルとかさ、男子ってまず見るでしょ。

それで痛い目にあっている男友達も多いし、中身もちゃんと見なきゃダメだと思うのです。ってそれは女子も一緒か。

 

でもこの中身って人間だけじゃないよね。

めちゃ気になるコピーで売られている商品でもとんでもないものが入っていたり、なんていう事もあるし。

あと、なにが入っているかわからないから噂を信じて事実と違うふうに感じたりなんて事もあったり。

何が入っているのか、それは何なのかっていうのを知っておくに越したことはないって話。

 

今回はそういう意味でも気になる界面活性剤について特集するよ。

色んな物に入っているこの界面活性剤は化粧品なんかにも入っているし、リップクリームにも入っているんだよね。

ネットとか見ててもこの界面活性剤は体に悪いなんて言っている人もいるから前から気になってて。

という事で調べてみたよ。

 

 

界面活性剤ってなんなの?

界面活性剤というのは、簡単にいうと混ざりにくいものを混ざりやすいようにするために入っているものみたい。

例えば水と油、なんて言葉もあるくらい水と油は混ざらないって有名だよね。

そこに界面活性剤が加わるとあら不思議、水と油が混ざるんだって。

 

この界面活性剤はペプチドやサポニン(サプリとかでよく見る名前だよね)みたいに自然界にも存在するものもあるし、人口の合成界面活性剤っていうのもあるのね。

合成界面活性剤の方が協力なんだけど、そのぶん人体や自然に良くないって話もあるみたい。

 

 

結局、界面活性剤は肌に悪いの?

これに関してはなんだか情報が沢山あって、どれが本当なのかわからない状態だったり。

一番多いのは、化粧品の乳液やリップクリームとかのは大丈夫だけど、クレンジングやシャンプーに入っているのは注意が必要ということ。

 

その理由の、界面活性剤を利用して汚れを落とす時に落としすぎてバリア機能とかも壊しちゃうっていう意見。

もちろんメーカーがそんな危ないものを使うとは考えにくいけど、危ないからって危ないですよとも言わないよね。

こればかりは自分で判断するしかないのかも。

でもクレンジングもシャンプーも短時間で済ませる事が対策になるっていう人もいるみたい。

 

 

じゃあリップクリームは大丈夫?

さっき言ったこと通りなら、リップクリームは大丈夫だよね。

でもまだまだわからない事も多いから、もし原因がわからないけど唇が荒れるっていう事があるなら界面活性剤が入ってないリップクリームに変えてみるのも良いかも。

だってそれで荒れにくくなれば自分に合わなかったってことだもんね。

その場合、界面活性剤以外にも香料とかが合わなかった可能性もあるんだけど。

 

このまだまだわからない事が多い界面活性剤、気になる情報はあったらまた紹介するね。


 

 

 - リップ , , ,