グロスや口紅に入っている酸化鉄は唇に危険で荒れる?安全?

   

中身はなーに?

食品添加物ってあるでしょ?

日本はそういうものに厳しい国ではあるけれど、たまに使っちゃいけないものが入ってましたなんてニュースになる事もあって。

食べるっていうことはそれで体が出来るっていう事だし、そういうニュースを見るたびに何が入っているか気にしなきゃなんて思ったり。

 

食べるって言えば意外と忘れがちだけど口紅やグロスも結果的に食べてたりするよね。

一生のうちにその量は何kgにもなるなんて話も聞いたことあるし、だったら気にしなきゃじゃない?

今回はそんな口紅やグロスに意外と入っている酸化鉄について調べてみたよ。

 

 

え!?酸化鉄!?

そもそもの発端は、前に友達の部屋にいた時。

する事なくて二人でだらだらしてたんだけど、友達がなんとなく口紅の箱を見ていた時に言ったのね。

『ちょっと!鉄はいってんだけど!』

何いってんの?とか思いながらその箱見たら、確かに酸化鉄って書いてあるのね。

 

気になったからググったりして調べてみたら、意外と化粧品にも入っているみたい。

基本的には色を付けるために使うことが多いから、口紅やグロス、アイシャドウとか本当に色々使われてて。

 

酸化鉄ってなんだ?って思うけど、簡単に言ったら赤錆や黒錆、まさに酸化した鉄のこと。

ただ、そのサビそのものが使われているわけでは無い事が多いみたいだよ。

酸化鉄顔料っていって、合成的に作られるとか。

 

 

危険なの?安全なの?

結論から言うと、メーカー次第ってことみたい。

酸化鉄って同じように書いててもコーティングして肌に影響ないようにしているメーカーもあれば、そういた対策にあまり熱心でないメーカーもあって。

 

あとは個人差もあるよね。

金属アレルギーの人だと入っているだけで気になるだろうし、かぶれやすいとか合わない人も。

 

もし出来るなら、何が入っているのかをチェック、酸化鉄と書いてあればメーカー名と商品名でググってみるのも良いかも。

使ってみて合わなかった人って意外とブログとかに書いてるし、判断の目安にはなると思うのね。

あとは聞いたこと無いメーカーや、使っている人がいなさそうな外国の商品は警戒するとか。

沢山売れているやつだと、それだけ試した人も多いってことだから安心感はあるよね。

 

そういう意味ではオススメなのが私が使っているこれ。


シリーズ130万本以上売れているってすごくない?

キス専用美容液って書いてるけど、唇に嬉しい成分もいっぱい入っているからケアにも使えるんだよ。

公式ホームページで詳しく説明してくれているから、気になったらチェックしてみてね。

 - リップ , ,