歯磨きが唇の荒れる原因になる事がある!?

   

日常に潜む意外な敵!?

かわいいや綺麗を目指す女子にとって大事なのが唇。

第一印象は顔が大事だし、唇はその時に大きなポイントになるもんね。

 

口紅やグロスでメイクするのだってもちろん大事だけど、すっぴんの唇が荒れてちゃ話になんなかったり。

唇ってかなり荒れやすい人も多いと思うけど、意外とその原因や理由はわからないんだよね。

 

乾燥だったり体調が悪かったりっていうのはよく言われるし、そう言われたらそうかなみたいな。

それで気をつけても治らなかったりすることもあって。

まあ、大体はしばらくしたら治るんだけど、でも原因がわかればもっと早く治るはずなのね。

 

で、色々と調べているうちに、唇の荒れる原因の一つに歯磨きが関係しているっていう話を聞いて。

気になったからさらに色々調べたんだけど、今回は歯磨きと唇の荒れについて特集するよ。

 

 

界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムが危険?

歯磨き粉について調べていると、かなりたくさんの人が言っているのが界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムが良くないっていう事。

このラウリル硫酸ナトリウムっていうのは洗剤なんかにも使われているんだけど、歯磨き粉にも入っているのがあるのね。

で、発泡っていうのかな、泡立ちを良くしたりっていう役割があって。

 

この界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウム、歯磨き粉で使われているくらいだからもちろん国は認可しているみたい。

それに歯磨き粉に入っているのはかなり少ない量だからそういう意味でもそこまで神経質になる必要もないっていうのが色んな意見を見て感じた印象。

 

ただ、色々見ていて感じたのは、このラウリル硫酸ナトリウムの特性が良くないのかなという事。

というのも、ラウリル硫酸ナトリウムは強い脱脂力があるみたいなの。

脱脂というのは油脂をとる事で、これで必要な分までとられちゃうと荒れる原因になるかもじゃない?

 

 

対策は?

このラウリル硫酸ナトリウムっていうのは全部の歯磨きに入っているわけじゃないのね。

でも、今回調べてみて気がついたのは歯磨き後って唇のケアに気を使ってないかもってこと。

 

ラウリル硫酸ナトリウムが入っているにしろ入って無いにしろ、唇に洗浄成分が付いたままって良くないと思うし。

だから、対策としては歯磨きの後は唇も綺麗に洗ってあげる、もちろん優しくね。

 

その後はケアしてあげることも大事。

洗顔後って化粧水で潤い補給したりするじゃない?

それと一緒のイメージかな。

 

ちなみにわたしが使っているのはこれ


グロスなんだけど、唇に嬉しい成分もいっぱい入っているからケアにも使えるんだよ。

キス専用美容液って書いてあるけど、公式ホームページで詳しく説明してくれているから気になったらチェックしてみてね。

 - リップ , , ,